鍵交換をするなら防犯性能の高さを重視して変えよう

合鍵を利用して起きた実際の事件を紹介 合鍵を利用して起きた実際の事件を紹介

鍵交換をするなら防犯性機能を重視しよう

時代が進むに連れて、鍵の性能も高くなっています。また鍵の形も従来のものとは大きく変わってきているのです。最近ではカード式の鍵や、指紋式タイプの鍵があります。どちらも非常に防犯性能に優れているので、取り付ければ安心感を得られるでしょう。

鍵交換をしたからって安心じゃない

以前と違う鍵に交換したとしても、防犯性能が低い鍵であれば、ピッキングで開けることもできます。ディンプルキーと呼ばれる種類の、防犯性能が高い鍵はピッキングされることはないものの、メーカーと鍵番号が分かれば複製することもできます。

防犯性の高い鍵

南京錠

元カレが合鍵を中々返してくれないというのはとても厄介です。もしまだ未練をもっているのであれば、合鍵を利用してトラブルを起こす可能性も十分に考えられます。ですから自宅に侵入されないためにも、防犯性の高い鍵に替えておくと良いでしょう。

暗証番号のタイプ
ボタンやテンキーを用いて、暗証番号を入力することによって開錠します。自分が暗証番号さえ覚えていれば良いだけなので、鍵を持ちあるく必要もないというメリットがあります。暗所番号のタイプは様々な種類があり、タッチパネルやダイヤル式のものまであるのです。暗証番号タイプの鍵は暗証番号を知られることがなければ、まず鍵を開けることができない仕組みになっているので安心です。
カードタイプ
カードタイプの鍵は、カードを差し込んで開けるものや、磁気を帯びたカードをかざすだけで開錠するものと様々です。この手の鍵は、ピッキングの被害に遭いにくいという点から、非常に防犯性の高いものとして知られています。最近では、その防犯性能の高さからカードキーを導入するマンションも増えてきています。
指紋式タイプ
生体認証錠はデータに登録されている人の指紋や静脈、または顔を認識し開錠します。鍵を持ち歩くこともないので、とても便利なタイプの鍵です。鍵を開ける際に鍵を探すという手間を省けるという利点もあります。しかしあまりにも高額過ぎるので、中々手が出せません。しかし指紋式タイプであれば、比較的取り入れやすくなっています。指紋式タイプでもかなり防犯性能が高いので、防犯性能にこだわる人にはおすすめです。
TOPボタン